eLearning

高等学校の世界史Bの教科書に出てくる作家など

以下は東京書籍『世界史B』(平成5年検定)による。

ギリシア

  • ホメロス(Homeros):叙事詩『イーリアス』『オデュッセイア』
  • ヘシオドス(Hesiodos):農民の教訓詩『労働と日々』、『神統記』
  • サッフォー(Sappho):叙情詩
  • ソロン(Solon)
  • 3大悲劇詩人
    • アイスキュロス(Aischylos)
    • ソフォクレス(Sophokles)
    • エウリピデス(Euripides)
  • 喜劇作家アリストファネス
  • タレース(Thales):「万物の根源を水であるとした」
  • ヘラクレイトス(Herakleitos):「万物の根源を日であるとした」
  • デモクリトス(Demokritos):「万物の根源を原始(アトム)とする原始論哲学を完成させた」
  • ピタゴラス(Pythagoras):「数学の基礎をつくった」
  • ヒポクラテス(Hippokrates):「医学の基礎をつくった」
  • プロタゴラス(Protagoras):「万物の尺度は人間である」
  • ソクラテス(Sokrates):「絶対的真理の存在と知徳合一を主張」
  • プラトン(Platon):「イデア論」、『国家論』
  • アリストテレス(Aristoteles):「多分野にわたる学問を集大成」
  • ヘロドトス(Herodotos):『歴史』
  • トゥキュディデス(Thukydides):『歴史』
  • アリスタルコス(Aristarcos [sic]):「地球の自転と公転を説いた」
  • エウクレイデス(Eukleides):「ユークリッド幾何学」
  • アルキメデス(Archimedes):「浮体の原理」
  • エラトステネス(Eratostenes [sic]):「地球を球体と考え周囲を測定」
  • ムセイオン(Museion):「大図書館をもち、自然科学研究の中心となった」
  • ストア派の祖ゼノン(Zenon):「禁欲を説いた」
  • エピクロス派の祖エピクロス(Epikuros):「精神的な快楽を説いた」
  • プルタルコス(Plutarchos):『対比列伝』
  • ストラボン(Strabon):『地理誌』
  • プトレマイオス(Ptolemaios):『天文学大全』

ローマ

  • キケロ(Cicero):『国家論』、「ヘレニズム思想の導入に貢献」
  • ストア派
    • セネカ(Seneca)
    • エピクテトス(Epictetus)
  • マルクス=アウレリウス帝(Marcus Aurelius)
  • ヴェルギリウス(Vergilius):ローマ建国の叙事詩『アエネイス』
  • ホラティウス(Horatius)
  • オヴィディウス(Ovidius)
  • カエサル:『ガリア戦記
  • リヴィウス(Livius):『ローマ建国記』
  • タキトゥス(Tacitus):『ゲルマニア』『年代記』

キリスト教作家

  • エウセビオス(Eusebios):『教会史』
  • アウグスティヌス(Augustinus):『告白』『神の国』

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 19:06:46