TeX

XeTeX

XeTeX は、もともと Mac OS X 用に開発されたシステムです。

インストール

ptetex3-20070606(+ uptex-0.09)でインストールしたシステムに XeTeX をインストールしてみました。

から XeTeX_0995.dmg をダウンロードします。あとはディスクイメージをマウントし、パッケージファイルをダブルクリックしてインストールしていけば OK です。

  • ${TEXMF}-local/tex/xetex

などに必要なファイルがインストールされます。

エラーの修正

インストールの際、特にエラーが出ていなくても、

$ xelatex test.tex

のようにコマンドを実行した際に

xelatex.fmt couldn't be found

のようなエラーが出てしまうことがあります。原因はいくつかあるようです。

ptetex3-20070606 + uptex-0.09 の環境でテストしたところ、

  • ${TEXMF}/tex/generic/config/language.dat

magyar huhyphn.tex

の行の先頭に % をつけてコメントアウトしたあと

$ sudo fmtutil-sys --missing

を実行すると xelatex.fmt が生成されました。

ドキュメント

  • ${TEXMF}-local/doc/xetex

にあるファイルを参照します。

XeTeX で使えるフォント

Linux

現在、Linux で XeTeX を利用するための代表的な方法は2つあります。

  1. ptexlive を用いる。
  2. XeTeX のページで配布されているソースをそのまま利用する。

ptexlive

Vine Linux 4 でコンパイルできることを確認しました。

XeTeX のページで配布されているソース

コンパイルは次のように行います。ただし、コンパイルには若干テクニックが必要なようです。

xetex

$ sh build-xetex
$ sudo sh install-xetex

xdvipdfmx

$ sh configure
$ make
$ sudo make install

ギリシア語の使用

japanese パッケージ

リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 19:06:25