TeX/Install/ptexlive/MacOSX

TeXLive2008


以下の情報は古くなっています.最新の情報については次のページを見てください.


ptexlive + e-pTeX + uptex をインストールする方法は、このページの下の方にあります。

依存パッケージのインストール

Xcode をインストールしておきます。

これらの他に p7zip が必要です。次のページの Downloads からソースをダウンロードします。

次のようにインストールします。

$ tar xvjf p7zip*.tar.bz2
$ cd p7zip*
$ make
# make install

/usr/local/bin/7za などのコマンドが使えるようになります。

ダウンロード

texlive

次の URL から入手します(約1.2GB)。他の CTAN サーバからでももちろん構いません。

ダウンロードしたら解凍しておきます。

$ 7za e texlive2008.iso.lzma

ptexlive

次の URL から最新の ptexlive を入手します。

マウント

texlive2008.iso をダブルクリックするか、次のコマンドを実行します。

$ open texlive2008.iso

コンパイル

作業ディレクトリは /var/tmp/texlive とします。

$ mkdir /var/tmp/texlive

展開

ダウンロードした ptexlive-20YYMMDD.tar.gz を作業ディレクトリにコピーして展開します。

$ cp ptexlive-20YYMMDD.tar.gz /var/tmp/texlive
$ cd /var/tmp/texlive
$ tar xvzf ptexlive-20YYMMDD.tar.gz

ptexlive.cfg の作成と編集

展開してできた、ptexlive-20YYMMDD ディレクトリから ptexlive.sample をコピーして ptexlive.cfg というファイル名にします。

$ cp ptexlive-20YYMMDD/ptexlive.sample ./ptexlive.cfg

ptexlive.cfg を適当に編集します。冒頭の ISO_DIR は必ず変更します。

ISO_DIR=/Volumes/TeXLive2008

コンパイル

$ make

インストール

$ sudo make install

ptexlive + e-pTeX + uptex

北川さんによる、ptexlive + e-pTeX (+ uptex) をインストールするためのスクリプトがあります。

ダウンロード

次のファイルをダウンロードします。

インストール

  • TeXLive2008 は上述のようにマウントしておきます。install-tl も実行しておきます。
  • 他のファイルは /var/tmp/texlive/ 以下にコピーしておくことにします。
  • ファイルを展開しておきます。
    $ 7za e ptl08-compile-YYMMDD.tar.lzma
    $ tar xvzf ptexlive-YYYYMMDD.tar.gz
  • ptl08-compile/compile.txt にコンパイル方法が書かれていますので、目を通しておきます。
  • ptl08-compile/option を開いて ESRC のところを /var/tmp/texlive に変更しておきます。
  • ptexlive の stage1 と stage2 を実行します。
    $ cd ptexlive-YYYYMMDD
    $ make stage1 stage2
  • ptl08-compile のスクリプトを実行します。
    $ cd ../ptl08-compile
    $ ./bld1.sh
  • エラーなく終了したら、次のスクリプトを実行します。
    $ ./bld2.sh
  • エラーなく終了したら、babel や font の設定を行います。
    $ ../ptexlive-YYYYMMDD
    $ make fonty
    $ make test
  • うまくいったら、インストールを行います。
    # make install

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 19:06:23