TeX/Install

Mac OS X


以下の情報は古くなっています.最新の情報については次のページを見てください.


Mac OS X での TeX システムにはいくつか種類があります。Mac OS X は UNIX を元に開発された OS ですから、ソースコードからインストールするのもそれほど面倒ではありません。ここでは

  • ptetex3(ソースコードから)
  • Fink(バイナリまたはソースコードから)

を用いたインストールの仕方を解説します。Fink は内部で ptetex3 を使っているので実質的には同じ TeX の環境が手に入りますが、インストール方法が異なるので、別々に解説します。ちなみに Fink を用いると他の様々な UNIX 用のパッケージが簡単にインストールできますので、ptetex3 でソースコードからインストールする場合でも Fink を導入しておくことをお勧めします*1。Mac OS X のバージョンは 10.4(Tiger)を例にとっています。他のバージョンの場合は適宜読みかえてください。

なお、TeX を GUI で扱うためのソフトとしては Richard Koch 教授 が開発された TeXShop などが有名です。

Mac OS X の追加パッケージのインストール

後で説明するインストール方法の中に現れる追加パッケージのインストール方法についてここでまとめておきます。

Fink

Fink はパッケージマネージャの一種です。インストールしたいパッケージを選ぶと、インストールに必要な他のパッケージも自動的にインストールしてくれます。Fink は 東大 Fink チーム によっても開発されています。Fink で用意されている tetex のパッケージは内部で ptetex3 を使っています。

X11、X11 SDK、開発者ツールのインストール

Fink を使うためには X11 のインストールが必須です。また、ソースコードからのインストールの場合は X11 SDK と開発者ツールのインストールが必要です。バイナリからのインストールの場合は必要ありませんが、バイナリが用意されていない場合が多いので、結局インストールしなければならないでしょう。これらの追加パッケージのインストールは必ず Fink をインストールする前に行ってください。

インストール

i-Installer


*1 ちなみに、現在研究室の Mac mini には Fink を入れつつ、TeX のシステムは ptetex3 で導入しています。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-24 (月) 20:11:38 (4012d)