TeX/Install

フォントのリンクの作成方法(TeX Live 2014 on OS X 10.9 Mavericks)

TeX Live 2014において,OS X 10.9 Mavericks付属の日本語フォントを用いるための設定方法です.

ヒラギノフォント

$ cd /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/
$ sudo mkdir hiragino
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf" ./HiraKakuPro-W3.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W6.otf" ./HiraKakuPro-W6.otf
$ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ ProN W3.otf" ./HiraKakuProN-W3.otf
$ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ ProN W6.otf" ./HiraKakuProN-W6.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Std W8.otf" ./HiraKakuStd-W8.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ StdN W8.otf" ./HiraKakuStdN-W8.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf" ./HiraMaruPro-W4.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ ProN W4.otf" ./HiraMaruProN-W4.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W3.otf" ./HiraMinPro-W3.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W6.otf" ./HiraMinPro-W6.otf
$ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 ProN W3.otf" ./HiraMinProN-W3.otf
$ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 ProN W6.otf" ./HiraMinProN-W6.otf

游書体

$ cd /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/
$ sudo mkdir yu-osx
$ cd yu-osx
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/Yu Gothic Bold.otf" ./YuGo-Bold.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/Yu Gothic Medium.otf" ./YuGo-Medium.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/Yu Mincho Demibold.otf" ./YuMin-Demibold.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/Yu Mincho Medium.otf" ./YuMin-Medium.otf

後処理

mktexlsrを実行しておきます.

$ sudo mktexlsr

テスト

次のようにテストします.test1.pdfにはヒラギノフォントが,test2.pdfにはyu-osxが埋め込まれます.Adobe ReaderなどでPDFファイルを開き,[プロパティ]—[フォント]で該当のフォントが埋め込まれているかどうか確認します.

$ dvipdfmx -f ptex-hiragino.map test1.dvi
$ dvipdfmx -f ptex-yu-osx.map test2.dvi

常に埋め込むようにするには,kanji-config-updmap(-sys)コマンドで設定します.-fオプションを毎回使う必要がなくなります.TeX/Installをご覧下さい.

游ゴシック体を太くする

mapファイルの準備

游ゴシック体を見出しに使う場合,細いのが気になるかもしれません.これを太くするにはmapファイルを書き換えます./usr/local/texlive/2014/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/jfontmaps/yu-osxから以下のファイルをtexファイルと同じディレクトリにコピーします.

  1. ptex-yu-osx.map
  2. otf-yu-osx.map
  3. uptex-yu-osx.map

これらのmapファイル中でYuGo-Medium.otfとなっている箇所をYuGo-Bold.otfに書き換えて保存します.

PDFファイルへの変換

dvipdfmxを用いる場合は次のようにします.

$ sudo -f ptex-yu-osx.map -f otf-yu-osx.map -f uptex-yu-osx.map test

otfパッケージを使っていない場合は2が不要で,up(la)texを用いていない場合は3が不要です.

常に太くする

この方法だと違うディレクトリで作業する場合,毎回これらのmapファイルをコピーする必要があり,dvipdfmxを使う場合には必ず -f オプションが必要になってしまいます.それを避けるには次のようにします.

個人用
上の3つのmapファイルを~/texmf/fonts/map/dvipdfmx/jfontmaps/yu-osx/以下に保存し,
$ texhash

を実行します.常に游書体を埋め込む場合,次のコマンドを実行します.

$ kanji-config-updmap yu-osx
システム全体
上の3つのmapファイルを/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/map/dvipdfmx/jfontmaps/yu-osx/以下に保存し,
$ sudo mktexlsr

を実行します.常に游書体を埋め込む場合,次のコマンドを実行します.

$ sudo kanji-config-updmap-sys yu-osx

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-07 (月) 16:30:12 (1625d)