TeX/Font/Type1/convert

mftrace

mftrace の利点

配布元

mftrace の配布元の URL は

です。他に

などのページも参考になります。

インストール

Vine Linux や Mac OS X の Fink などではパッケージが用意されているのでこれを用いるとよいでしょう。

Vine Linux (binary)

依存

  • tetex
  • python
  • potrace
  • t1utils

に依存します。それぞれ導入しておきましょう。tetex に関しては Vine Linux で用意されているパッケージではなく ptetex3 で導入している場合もあると思います。この場合は VinePlus から rpm を入手して(他の依存パッケージをインストールした上で)次のように 依存関係を無視してインストールします。

# rpm -ivh --nodeps mftrace-x.x.x.rpm

ソースからのインストール

依存関係

ダウンロード

パッケージを用いない場合はソースからインストールすることになります。ソースは上の配布元のページからダウンロードします。

修正

Mac OS X の場合

使い方

$ mftrace grml1000

を実行すると

  • grml1000.pfa

といった Type 1 ASCII ファイル(.pfa)ができます。これを t1utils 収録の t1binary で Type 1 binary ファイル(.pfb)に変換します。標準出力に出力されるので、> でリダイレクトしましょう。

$ t1binary grml1000.pfa >grml1000.pfb

エラーへの対処

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 19:06:22