Computer/Mac/OSX

macOS 10.15 Catalina

2019年10月7日(日本時間8日)にリリースされた.

不具合

深刻なものにはまだあまり遭遇していない.ただしMail.appでメッセージが消失する場合があるようだ(今のところ使用していない).

  1. Music.appでカバー付(.pngを埋め込んだ)m4aファイルをiOSデバイスにコピーするとカバーがiOSデバイスで表示されない.

Mojave(まで)にあった一部環境での(?)いくつかの以下のような不具合は解消している.

  1. SafariでWebページを表示させたとき,ボタンとその周辺が黒くなってしまう(ボタンを押すことは可能).
  2. プレビュー.appでPDFファイルなどを開くとファイルによっては真っ黒になる(High Sierraでも起こる).

インストール

  1. おおむねmacOS 10.14 Mojave, macOS 10.13 High Sierra, macOS 10.12 Sierraと同様にインストールできる.Mojaveと同様に安定している印象.
  2. Happy Hacking Keyboard Lite 2のドライバは64bit用にコンパイルされたv. 4.0.0をインストールすればよい.
  3. プリンタドライバ.Brother HL-5270DNはブラザーのWebページによるとCatalinaには対応しないとされている.しかしAppleが提供するBrother プリンタドライバ 3.0はMojaveにもインストールすることができるので試す価値はある.今のところ問題は起きていないが,もし試すのなら自己責任で.

設定

  1. ターミナルの設定.zshに変わったがbashなどにも変更できる.
  2. ログインシェルの変更.
    $ chsh -s /bin/bash
  3. texliveのPATH.
  4. /etc/paths.d/
  5. /etc/daily.local
  6. atサービスの有効化
    $ sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.atrun.plist
  7. crontabの読み込み.
    $ crontab <crontab_bak.txt

ソフトウェアのインストール

  1. CommandLineTools
  2. openssl-1.0.2
  3. gmp
  4. pcre2(clamavで必要)
  5. clamav
  6. wget
  7. rtmpdump
  8. nkf
  9. stunnel
  10. ghostscript
  11. smartmontools
  12. pdftk
  13. ffmpeg

openssl

1.0.2系統はしばらくするとサポートが終了するので,1.1.0 / 1.1.1系統に移行する必要がある.Catalinaであればふつうにインストールできるようだ.

$ ./Configure darwin64-x86_64-cc --openssldir=/usr/local/ssl/macos-x86_64
$ make
$ sudo make install

clamav

  1. /usr/local/etc/freshclam.confを作成し,Exampleと書かれている行をコメントアウトする.
  2. ディレクトリを作成する.
    $ sudo mkdir /usr/local/share/clamav
  3. 所有者を変更する.
    $ sudo chown 82:82 /usr/local/share/clamav

perlモジュール

El Capitan以降,rootlessのためそのままではperlモジュールをインストールできない.

$ sudo perl -MCPAN -e shell
(セットアップ)

でまず初期設定を完了させた後,

> o conf makepl_arg "INSTALLBIN=/usr/local/bin INSTALLSCRIPT=/usr/local/bin"
> o conf commit
> quit

で/usr/local/binに書き込むよう設定する.

必要に応じてCPANの更新を行う.

$ sudo perl -MCPAN -e shell
> install CPAN
> reload CPAN

必要なモジュールをインストールする.

> install String::MkPasswd
> install Spreadsheet::ParseXLSX
> quit

softwareupdate

$ softwareupdate -ia --include-config-data

とすると

  1. MRTConfigData
  2. XProtectPlistConfigData

もインストールすることができる.

フォント

リスト

Assetsディレクトリ

/System/Library/AssetsV2/com_apple_MobileAsset_Font6以下に以下のような.ttcファイルが保存されている.Font Book.appで見本を確認することができる.

  1. bed67bd011d9d4e97749b4ebd79cf3e2dcecba16.asset/AssetData/NanumMyeongjo.ttc
  2. 9bd45c7ab49a40b44f12cf3e9cc24c95deeb6950.asset/AssetData/Hiragino_Sans_CNS.ttc
  3. 8c0330b20283b003feedd04d383c57cd1aab8c7f.asset/AssetData/TsukushiBMaruGothic.ttc
  4. ed05ed1bf0ae795a87c920f72d0605596b26a1bf.asset/AssetData/Kyokasho.ttc
  5. 47917ec55988d923f94faa91281c55a72d0f1986.asset/AssetData/Klee.ttc
  6. bc33cd59d294e68931be881ff65bdd35dd2456f1.asset/AssetData/ToppanBunkyuGothicPr6N.ttc
  7. 5f28784bcd892277e8900ddc476d9f3e03e8f894.asset/AssetData/YuMincho.ttc
  8. 3b465acf481dbe6ca0df4e14d0ffde6603755b46.asset/AssetData/Hannotate.ttc
  9. 6f297c343cb8314790837490c0a834f65d2e3bb0.asset/AssetData/TsukushiAMaruGothic.ttc

TeXLive

  1. フォントのリンクを作成する.
  2. updmap --userを実行する.
  3. 日本語フォントのセットアップ.

バージョン

ProductBuildDarwin日付
10.15.219C5719.2.02019/12/11
10.15.119B8819.0.02019/10/29
10.1519A58319.0.02019/09/26

システム要件を満たしていないコンピュータにインストールする

インストール

以下のプログラム(macOS Catalina Patcher)を用いるとmacOS Catalinaのシステム要件を満たしていないコンピュータであってもインストールできることがある.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-29 (日) 20:16:09