Computer/Mac/Command

画像ファイルの操作(sips)

macOSには,画像ファイルの操作に便利なsipsコマンドがインストールされている.

画像フォーマットの変換

$ sips -s format pdf input.jpg --out output.pdf

画像の大きさの変更

$ sips --resampleWidth 800 --out output.jpg input.jpg

横800ピクセルで,縦横の比率は保持.

exif情報の確認

$ sips -g all input.jpg

プロファイルによる変換

以下にプロファイル(.icc)がインストールされている.

  • /System/Library/ColorSync/Profiles/

あるいはAdobeのWebページなどから入手する.

グレースケール

プロファイルがもともとインストールされているので,これを用いればよい.

$ sips -M /System/Library/ColorSync/Profiles/Generic\ Gray\ Profile.icc relative --out output.png input.png
$ sips -M /System/Library/ColorSync/Profiles/Generic\ Gray\ Gamma\ 2.2\ Profile.icc relative --out output.jpg input.png
$ sips -M /Library/ColorSync/Profiles/Gray\ Tone.icc relative --out output.jpg input.png

High SierraやMojaveのプレビュー.appでグレースケールや白黒のPDFファイルなどを開くとファイルによっては真っ黒になる現象が出る場合,3つ目のプロファイル(Gray Tone.icc)を適用すると正常に表示されるようになることがある.

sRGB

プロファイルがもともとインストールされているので,これを用いればよい.

$ sips -M /System/Library/ColorSync/Profiles/sRGB\ Profile.icc relative --out output.png input.png

CMYK

CMYKに変換する.

$ sips -M JapanColor2001Coated.icc relative input.jpg --out output.jpg

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-24 (水) 22:46:10