open 2011.3.5, last update 2017.5.5
ロゴマーク

マーブルアイコン

Welcome to my website!

▼コンテンツ
ブログ 不定期更新
Twitter

MARBLETTEとは?

 多くの方がtwitterからこちらに来られたかと思いますので、簡単に本ウェブサイトの説明をいたします。

 このウェブサイトの名前はMARBLETTE(「マーブレッテ」と発音します)で、私(和田)が2011年に独自ドメインmarblette.netを取得した際に開設しました。東大のユーザ情報発信用WWWサーバを間借りしつつ、細々と運営しています。ほとんどのコンテンツはブログに置かれています。

 このウェブページは私の自己紹介、SNSや他のコンテンツへのリンク集として役目を果たしています。

私について

 私、和田直樹は東京大学で化学を専攻している大学院生(2017年4月現在)です。
 1994年に愛媛県で生まれ、小学生のとき「マーブル」と呼ばれるようになり、現在でもその渾名が定着しています。名前の由来は、アイコンになっているビーグル犬のぬいぐるみから来ています。確か1999年の秋に、松山のそごうデパート(懐かしい名前です。今は松山にそごうはありません)で母親に買ってもらった覚えがあります。細長い顔、横長の顔、籠の中に積まれているたくさんの同じぬいぐるみの中から、ちょうどよいバランスの顔をしている奴を見つけて選びました。体中に何種類かの色が混ざりあっていることから「マーブル」という名前が付きました。以後20年近い付き合いになります。

 主な趣味は写真撮影で普段はデジタル一眼レフD5000を使用しますが、叔父から譲り受けたフィルムカメラF3を首から下げて出かけることもあります。むしろ散歩に出かけるときは決まってF3を持ち出します。かつてのフラグシップ機だけあって、ファインダーは見やすく、機械としての完成度が高いのです。機能が少ないだけ、撮影行為そのものに集中しやすいとも言えます。フィルム撮影に課せられる36枚ないし24枚という枚数制限は、かえって1回シャッターを切るために考える時間を与えてくれます。目に入ったものなら何でもやみくもに撮るのはあまり好きではありません。二兎追う者は一兎も得ず、とも言います(ところで「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」とも言いますね。諺には往々にして反対のものが存在します。どちらを信頼すればいいのでしょう)。自分が動いて、対象との距離を確認しながら、構図を決定する行為が重要だと考えています。もちろんデジタル撮影にもこの過程は必要ですが、便利な機能がたくさんついているがゆえにサボりがちになります。その点単焦点レンズをつけたマニュアル一眼レフカメラなら、好みの構図を得るために自分が動かざるを得ません。どこにピントを合わせるか、自分が手を回しながら決定します。周りの光線や、対象の色合いを見て、露出を予想します。カメラの癖を考慮して、若干露出を修正します。そうして、1枚に対してかける労力が自然と増えて、得られる写像にも愛着が湧きます。最近のデジタルカメラはその過程を全部自分でこなしてくれます。面白味がありません。駄々をこねる前に自分の欲しかったおもちゃが与えられてしまった子供の、腑抜けた気持ちに似ているというか……。とにかく、写真は趣味の範囲でやっているのですから、必ずしも最新式デジタルカメラを使う必要はありません。日常生活ではいろいろと妥協しながら生きているご褒美に、趣味くらい自分のわがままにやりたいものです。
 中学生のときは零細写真部で毎日放課後に暗室作業をしていたので、モノクロ写真現像の手順は大体記憶しています。しかし、最後に自家現像したのは7年以上前になるのであやふやになっている部分は多いでしょう……。参りましたね。
 デジタル写真現像にはLightroomを使用しています。カタログで写真を整理するシステムは使い勝手が良いです。すでに現像した写真が一目瞭然ですし、クイックリストにRAWデータを放り込んでおけば「ああ、これを処理すればいいんだな」とすぐわかります。他のRAW現像ソフトと比較したことがないのでよくわかりませんが、意外と軽快に動作します。残念ながらPhotoshopは扱ったことがありません。

 ウェブサイト制作は小学生から続けている趣味ではあるのですが、あまり凝ったデザインのウェブサイトを作った経験がなく、HTML・CSSの知識は初心者レベルです。むしろこのウェブサイトぐらいシンプルなデザインが好みです。おそらく現代のウェブデザイナーとしては生きていけないでしょう。生まれる時代を20年ほど間違えました。
 プログラミングに関しては、大学の授業でFORTRANをかじった程度であまり詳しくありません。

 学部の頃は旅行・散歩サークルに入っていました。穏やかな性格をした人が多く、居心地の良いサークルです。インカレサークルです。男女ともに東大以外の学生でも入れます。これはとても素晴らしいことです。

 普段使用するデジタル機器は、Xperia Z2とDell E6220です。E6220は春休みに秋葉原でHDDなし、メモリなしのジャンク品を8000円で買い取り、家にあった余ったパーツを組んで復活させました。古いパソコンですが、Core i5が入っているだけあって今でも快適に動作します。地デジ視聴、RAW現像は朝飯前です。E6220の導入に伴い、以前使っていたThinkpad X200はお蔵入りになりました。

私に連絡をとりたい方は以下のアドレスまでよろしくお願いします
wada[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp
(スパム防止のためメールアドレスを画像ファイルで表記しています)


(C) 2017 Naoki WADA. ALL RIGHTS RESERVED.